■プロフィール

しろるみ

Author:しろるみ
インテリアコーディネーター。
一級建築士。
主婦業のかたわら、建築設計の
仕事をしております。
***************
「靜水舎一級建築士事務所」の協力
のもと、工務店を通さない家づくり
に挑戦。2010年11月に完成
しました。
伝統工法は、日本の山の木を使い、
最後は土に戻る、分解して移築も
できる素晴らしい伝統文化です。
化学物質を含む建材は使用せず
アトピーやアレルギー症状の改善
にも効果があります。

伝統工法の家づくりに関する
ご質問・ご依頼はこちらまで↓
「靜水舎一級建築士事務所」
Email::mediatess@yahoo.co.jp
*************** 

★おすすめリンク★

地球環境を考える家づくり
自然エネルギーの活用
化学物質過敏症に関するご相談
NPO法人「緑の家学校」

伝統工法の家づくり
関東近郊でも対応いたします
剱持工務店

***************

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■リンク
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

スポンサー広告 | --:--:--
停電時も安心・・・石油ストーブ
お久しぶりです。
もはや言い訳せずに、基本2~3ヶ月に1回の更新ということで。。。


さて、気づけば冬本番。

今まではガスストーブで過ごしていましたが、
もしものために電源が不要の暖房器具が欲しいなあと
購入を検討しておりました。

目をつけたのはちょっとレトロでお洒落?な感じのアラジンストーブなのですが↓

productImg_02.jpg


少々いいお値段なのと、手入れに手間がかかる、暖房能力に不安がある、などの理由から断念。




で、選んだのがこちら。コロナ製SL-51E-W。


PB226973.jpg

ちょっとずんぐりむっくりしてますね。。

一番大きいタイプではなく、持ち運びしやすいよう少し小さめのを選びました。

灯油が満タンでも、なんとか運べます。





PB226974.jpg

火をつけて、やかんをのせてみました。
新しいやかんが欲しくなっちゃいます。やっぱり白いのがいいですかねえ。



PB226981.jpg



夜。
PB226991.jpg


まだ極寒ではないのでわかりませんが、今のところ、ほんのり暖まる感じがいいです。

音が全くなく静かなのもいいですね。何よりお湯がわかせるし、蒸気が乾燥対策になります。

しいてあげれば、やはり匂いが気になります。




冬仕様に、和室の絵も替えました。

PB226972_20121123135622.jpg

新築時に親戚からいただいたもの。

ポスターですが、四季の絵が入っているので季節に合わせて変えています。

PB226971.jpg
左から、春・夏・秋。



原田泰治さんという画家さんのものです。

和む感じの絵ですね。




庭のほうにも、少し変化が。

ビフォー。
hei04.jpg


アフター。
PB076560_20121123135637.jpg
PB076561_20121123135636.jpg


レンガを敷いて小道を作りました。



さて、次はいよいよウッドデッキかな?

(何年後・・・?)


庭づくりはまだまだ続く・・・







↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

日々のこと | 14:50:32 | トラックバック(0) | コメント(8)
廃校カフェと裏磐梯
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請



↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

日々のこと | 17:04:49
入居2年後の建具搬入
なんと!気づけば前回の更新から3ヶ月以上も放置!

忘れさられないよう、というか、自分が忘れないようにしないと。。。(汗
これからしばらくは、どんどん更新しますよ~!




さてさて、実は、うちの子ども部屋には出入り口にドアがありませんでした。

お恥ずかしながら、家を建てている時は予算がいっぱいいっぱいでして。
1万円でも2万円でも、削れるところは削ろう!子ども部屋なんて、開けっ放しでOKOK!

てなわけで、建具は、寝室とトイレ以外は全てのれんやロールスクリーン。
これがまあ、ほとんど問題なく過ごせてしまうんですよねえ~。(うちの場合はですが・・)
おかげで、当時は十数万円は浮いたのではないでしょうか。



最近になってようやく、子ども部屋のドアに関しては、いずれはつけるのだからと、
棟梁に何かのついでに造っておいてほしいと頼んでおいたところ・・・


昨日早速届けてくださり、設置完了しました!



子どもドア
はい、いたって普通の引き戸(帯戸)ですが、きれいに仕上げてくれました。
もちろん、無垢材です。




子どもドア前
今までは、このように常時開けっ放し。


子どもドア後
閉めたところ。
ちなみに、右側の引き戸はトイレとお風呂への入り口です。


子ども達も、「なんか部屋らしくなった!!」と、大喜び。良かった良かった。


窓
でも・・・↑壁が空いてるから意味ないんじゃない?と聞いたところ、


「そこは窓だからいいの!!」


・・・そうですか。




ついでにご紹介ですが、こちらは初めからつけてもらっていた寝室の建具。

寝室ドア

こちらは「鏡戸」になっています。
子ども部屋の建具のような中桟がないタイプ。

これを造ったのは大工さんですが、建具職人さんがうちを見に来た時に、
この建具を見てうなっておりました。
このように造るのは簡単そうで難しく、手間がかかるそうです。(お値段にも反映・・)

たしかに、すっきりとしていてシンプルで良いです。
本当に良いものを(安く)造っていただいたと実感。
そして、また家の不具合が何かあれば、いつでも飛んできますとのこと。ありがたや~~

この腕利き大工の匠集団、剱持工務店さん。
現在は茨城県にて、古民家再生と、古民家につながる増築部分を伝統工法によって建築中です。
難しいけどやりがいがあって楽しいそうです。




いいものをどんどん残して日本の伝統文化、技術を継承してほしいものです。






↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

造作家具 | 15:51:42 | トラックバック(0) | コメント(4)
板塀つくりました!DIYにて・・・
隣地との境界は、既存の古くて低いブロック塀をそのまま使用していたため、お隣からまる見え。
しかも、見た目も悪い。。。

これをなんとかせねば!!

と思いながら過ごすこと1年と数ヶ月。(長!)



ようやく板塀作りを行いました。

設計、材料調達、施工:旦那。

監修:わたし。




まずは、基礎を既製のスタンドブロックを埋め込み、柱を立てます。

hei06.jpg 


次に、木材に保護材を塗りたくります。
(家の玄関扉に使用したクリアの塗料が残っていたのでそれを利用。)

板材は、ホームセンターで14×90×3650(mm)の板が10枚セット2100円也。2セット購入。

hei03.jpg




板と板のすき間を3cmずつ空けて、バチバチと釘打ちしていき・・・

hei05.jpg





完成!!

hei04.jpg






ダークブラウンに塗っても良かったかな?

家が渋系だし、庭が明るくなったので良しとしましょう。



塀の足元には、朝顔の種を植えました。

うまく塀にからまるのか?疑問ですが。。



クレマチスのほうは、うまくいってるようです♪

hei08.jpg



↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

外構 | 17:22:36 | トラックバック(1) | コメント(6)
キリムを衝動買い
1年以上、リモコンやらおもちゃやらを落としまくり
無残にボコボコに傷だらけになった無垢のフローリング。

こうなることは目に見えてましたが・・・

掃除機を使わず、ほうき生活を続けたい私としては、絨毯などを敷くのにも抵抗があり。。

日焼けでくっきりと床に跡がつくのにも抵抗があり。。




しかし、先日訪れたアウトレットショップにて、半額セールのキリムを発見。

意外とデザインにうるさい夫がこれならと気に入ったこともあり、つい衝動買い。

kirim3.jpg

キリムっぽくないデザインです。


ちなみに「キリム」とは・・・

平織りの織物で、絨毯のように毛足がなく、薄く平たいものを指す。
素材はウール、ラクダ毛、ヤギ毛、馬毛などの種類がある。
キリムの織手は遊牧民の女性達。
夢、願い、喜びなど様々な思いを幾何学模様で表現した装飾品、工芸品である。

・・・・・


というわけで、私が買ったものは、本来のオールドキリムとはほど遠く
値段からして工業製品として作られた「キリム風」なのでしょう。

素材は、「ウール80%、コットン20%」となってました。

お手入れ方法は、掃除機をかけるか、埃を叩き落として、固く絞った布で水拭きしたりすればよく
水洗いもできるようなので多少汚しても大丈夫そう。

ちょっと肌触りがチクチクした感じなので、子ども達が嫌がるかと思いきや
裸足で歩いて「気持ちいい~」と、意外にも好評です。


↓敷く前、ちょっと殺風景。

kirim1.jpg




↓面白みがでました。

kirim2.jpg

これに合わせてクッションカバーも変えようかと思いましたが、いいものがなくて断念。

本当は10年来使用中のソファも変えたいところ。

それとリビングテーブルも。

撮影用に片付けましたが、普段は古~~い子どものお絵描き用テーブルを置いているので(涙)




まあこれでとりあえずは、子ども達が物を落とすたびに「傷が~~~!」と騒がなくて済みそうです。
(一部分はね・・・)





↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

インテリア | 19:47:03 | トラックバック(0) | コメント(6)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。