■プロフィール

しろるみ

Author:しろるみ
インテリアコーディネーター。
一級建築士。
主婦業のかたわら、建築設計の
仕事をしております。
***************
「靜水舎一級建築士事務所」の協力
のもと、工務店を通さない家づくり
に挑戦。2010年11月に完成
しました。
伝統工法は、日本の山の木を使い、
最後は土に戻る、分解して移築も
できる素晴らしい伝統文化です。
化学物質を含む建材は使用せず
アトピーやアレルギー症状の改善
にも効果があります。

伝統工法の家づくりに関する
ご質問・ご依頼はこちらまで↓
「靜水舎一級建築士事務所」
Email::mediatess@yahoo.co.jp
*************** 

★おすすめリンク★

地球環境を考える家づくり
自然エネルギーの活用
化学物質過敏症に関するご相談
NPO法人「緑の家学校」

伝統工法の家づくり
関東近郊でも対応いたします
剱持工務店

***************

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■リンク
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

スポンサー広告 | --:--:--
入居1週間前のドタバタ!
昨日建築検査を受ける予定でした。

・・・が、足場をとることができず、断念。
外壁工事が終わったら足場解体!→完了検査!!
のはずが、サッシ周りの防水シール工事が終わってませんでした。

外壁工事の板金屋さんに、見積をもらい、板金屋さんに頼むか、プロに頼むか・・
どうしようか?などと悩んでる間に、発注しないまま。。。
はっきり言って、すっかり忘れていたのです。

直営方式、工程管理がけっこう大変です。
なんせ、初めての経験の上、コーディネーターに全てをおまかせしているわけではないので
知らないことや、ウッカリもあり、冷や汗ものです

運よく、今日現場に入ってくれる業者さんが見つかり、ただいま作業してもらっているところ。

来週月曜には足場がはずれる予定です。



やっと張り終えたガルバリウム外壁。外観はこんな感じになりました。

画像 005

シ、シブイ・・・シブすぎる~~!

新築!という感じがないんですけど・・・まあ、30年経ってもきっと変わらずこの姿でしょう。


そしてこの外壁ですが、

見積時にはわからなかった、金額増!の要素があったのです

画像 007
画像 001

黒い外壁の間から、ボコボコと、梁が突き出てますよね?!
東西南北、計41ヶ所・・・!

この廻り縁の納めで板金屋さんに予想外の手間をかけてしまいました。
3000円×41で・・・



 12万3000円UP




思わず大文字使っちゃいました

他にも、防水シール工事代、玄関タイル工事代・・・計約10万円。
最後に近づき、忘れていた工事代が・・・


首が回らなくなりそうです。。。


↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

直営方式 | 12:24:49 | トラックバック(0) | コメント(2)
トイレが臭い?!
基礎がほぼ終わり、今日はガスの引き込み工事を行っております。
暑い中、ほんとにご苦労様です。


工事の申込は地元の都市ガス会社ですが、実際の工事は○○住設、
そして引き込みはその下請けの○○ガス・・
他に、道路占有許可をとったので、ガードマン(ガードウーマン?)が2名。
関わってくれる人は本当にたくさんいるんですねえ。


そんなこんなで、けっこうなスローペースで進んでいます。
木工事も、お盆明けからゆっくりスタートとなりそうです。
工事は進まずとも、造作家具のデザインやら、手すりのデザインやら、
いろいろと決めなければならないことは盛りだくさん。


sketch



そんな中、隣地の方からトイレをなんとかしてくれとの苦情が!!

さすがにこの暑さの中、汲み取り式じゃあ・・・
かなり臭うのかも・・・?!

頻繁に汲み取りすればいいのかと思ったら、汲み取りは量で決まるそうで、
しかも市のほうの仕事なのでそう簡単にはできないとのこと。

なるほど~。
そんなことも知りませんでした。

どうしよう?!やっぱり水洗に変える??

などと心配しながらとりあえず、田舎から届いたジャガイモを持ってお隣にご挨拶に。

まあ、ちょっと離してくれればいいですよ、

ということになり、一件落着。ふう。。
ジャガイモ効果か?!





↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

直営方式 | 12:10:58 | トラックバック(0) | コメント(2)
残土の行方
本日、基礎コンクリートのために配筋した鉄筋がきちんと図面通りに入っているか、
位置や本数、寸法などをチェックする検査がありました。

kensa


瑕疵担保保険に加入(義務です)すると、保険会社から、検査員が派遣されるのです。


検査は無事30分ほどで終了。




で、基礎の手前にはこの土。(山?!)

zando


なんとも子供が喜びそうな危険地帯。。。。


基礎のコンクリートをいれるためには、その分土を掘らなければいけません。
そんなに多くはないだろう、庭のほうにならせばいいか・・・

なーんて、甘くみてました




たかが土とはいえ、いらないから捨てます、といっても
「残土排出料」ということで何万円という単位でお金を請求されるものなのです。

さて、どうするか・・・



無理は承知。ダメもとで聞いてみました。
近所の、娘が通う幼稚園



すると、泥のお団子作りとか、遊びに使うから是非運んでください!
とのこと。


おおーーー!!


聞いてみるもんですねえ!




早速、基礎屋さんに運んでもらいました

子供達が楽しんで使ってくれますように




↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

直営方式 | 23:12:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
契約~直営のメリット、デメリット~
まず初めに、一番金額が大きい木工事の契約を5月末に行いました。

伝統工法では、まずは木材を発注し、乾燥させ、墨付け、刻み、など
着工前にやらなくてはならないことがたくさんあり、時間もかかります。

他の工事契約は、着工前か、着工してからでも間に合うくらいなのですが、
やはり木材を発注するとなると、工事契約しましょう、ということになります。



次に、電気屋さんからの見積内容をチェックし、金額が見合ったところで
契約となりました。

今回は、構造がそのまま内装を兼ねるので、(全部構造材である木材がそのまま
見えてきます)電気屋さんも、配線を隠せる場所がないと、頭を悩ませておりました。

通常の工事と少し違うので、多少手間賃がプラスとなってしまいましたが・・・

照明器具自体は、インターネットで安く買うことができるので
配線までをお願いして器具は自分達で調達することにしました。




次は、ガス屋さん。

地元の都市ガス会社が供給だったので、直接電話して、見積をお願いしました。
設備業者のガス工事金額より、2万安くなりました!




その次は、設備屋さん。

上下水道の工事や配管を担当してくれます。
給湯器、トイレ、蛇口なども設備屋さんの仕事です。
こちらも、見積後に発注です。




そして、基礎工事屋さん。

コンクリートを流し、基礎を造ってもらいます。
仮設のトイレもお願いしました。



これからまだ板金屋さん(屋根と外壁)や左官屋さんとも契約が残っています。


家をつくるのに、これだけたくさんの職人さんが関わってくれるのですねー。
どこをどんな人が造ってくれるのか、顔を思い浮かべることができる。

これは直営方式ならではのメリットですね。

当然、工務店の経費がかからないので、コストダウンになるのも一番のメリットです。



もちろん、デメリットもあります。

複数の業者さんと契約をし、それぞれに工事金額を振り込んだり
めんどうなことも多いです。
見積書がたくさんあって、整理も大変です


工事中に、何か問題が起こった場合にも、通常は工務店が責任を負うのでしょうが、
責任の所在を明らかにするのが難しい場合は大変です。



デメリットもあることを十分理解した上で、取り入れるならば、やりがいのある良い方式だと思います。



↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

直営方式 | 21:02:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
直営方式採用のいきさつ
木工事を剱持棟梁にお願いするとすれば、他の工事をどうするか。

まずは、概算見積を出してくれた工務店に、木工事以外の工事を
全て引き受けてくれるかどうか聞いてみました。

結果は、×。

やはり、一括で請け負わないと、いろいろと難しいようで。。

となると、基礎工事、電気工事、給排水工事、板金(屋根など)工事、左官工事・・・

これらの工事をどうするか。



設計の仕事をしていたとはいえ、しかも夫も建築設計の仕事をしているとはいえ、
夫婦二人とも1戸建ての住宅は未経験。木造はもっと未経験。
間取りの設計と確認申請くらいはできそうだけど、さてどうしたらよいものか。



そこでまたまた「靜水舎」の芝先生に相談すると・・・


*****
それならば「直営方式」で自分達が工務店となって分離発注すれば
余計な経費コストもかからずにできるのですよ。
それには設計事務所のコーディネート、サポートがいるのですが、
自分達で設計や申請業務はなんとかできそうならば、業者の手配と住宅建築の監理の
サポートをお願いできる人を紹介しましょう!
*****

とのこと。


通常一般の建て主さんは、これらの業務を全て工務店の代わりとなって業者の手配もしてくれる
設計事務所にお願いするわけです。

私達の場合は、半分くらいを自分達で行うのでその分コスト削減なのですが、
全てお願いしても、設計事務所に支払う金額は、工務店の経費の約1/2~1/3ですみます。

さらに、工務店が自分達で施工し、監理するのでは手抜きを見逃してしまうこともあるかも
しれませんが、第三者が監理するので安心です。

工事費も、工務店が各業者からの見積額に上乗せする前のものになるので安くすむ場合が
ほとんどです。




そういうわけで、直営方式を採用してみようと、業者の手配、予算調整、発注などの
一連の作業を、お願いできる方を芝先生から紹介していただきました。


とにかく、予算内におさまるよう、各種業者さんに見積提出を手配してくださいました。
予算が合えば、建築主が直接業者に発注し、契約を交わします。


こうして、「靜水舎一級建築士事務所」コーディネートによる直営方式での家づくり
のスタートを切ったのでした。




・・・・・
まさか、ついこの間まで自分達がこんな形で家を建てることになろうとは思いもしませんでした。

それでもこういう方式にすることで、諸経費を削減でき、その分を
いい材料と工法にお金をかけることができます。

諸経費を削減するということは、自分達が労力を使うことが多くなります。
いい家を安く作りたいなら、自分達が苦労するのは仕方がないわけです。



それでも初めは、そりゃあ、それぞれがオーバー気味でした。

それでも何度も、削れる部分を探し、なんとか予算に近づくよう
検討を重ねたのでした。。。






↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

直営方式 | 14:22:01 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。