■プロフィール

しろるみ

Author:しろるみ
インテリアコーディネーター。
一級建築士。
主婦業のかたわら、建築設計の
仕事をしております。
***************
「靜水舎一級建築士事務所」の協力
のもと、工務店を通さない家づくり
に挑戦。2010年11月に完成
しました。
伝統工法は、日本の山の木を使い、
最後は土に戻る、分解して移築も
できる素晴らしい伝統文化です。
化学物質を含む建材は使用せず
アトピーやアレルギー症状の改善
にも効果があります。

伝統工法の家づくりに関する
ご質問・ご依頼はこちらまで↓
「靜水舎一級建築士事務所」
Email::mediatess@yahoo.co.jp
*************** 

★おすすめリンク★

地球環境を考える家づくり
自然エネルギーの活用
化学物質過敏症に関するご相談
NPO法人「緑の家学校」

伝統工法の家づくり
関東近郊でも対応いたします
剱持工務店

***************

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■リンク
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

スポンサー広告 | --:--:--
輸入材か国産材か
パイン、スプルス、米ツガ(べいつが)、米マツ(ベイマツ)・・・
一般的な住宅によく使われている安い材料です。

これらの輸入材は、日本のように高温多湿でなく腐敗菌も少ない
シロアリもいないような地域で育っている木材です。

これらを日本で土台として使った場合の耐用年数は、なんと

5年

との研究結果があるそうです。



さらに、最近よく聞く「ホワイトウッド」なるものは
実は、そのような名前の木はないそうです。

北欧、北米の製材された、色が白くて節(ふし)がない見た目はいいが
素性は不明だとか。。


天井裏などに使うために輸入されるようになったらしいですが。。

もしかしたら、建売住宅などには構造材として使っている部分もあるかもしれません。。
土台はもちろん、天井裏の梁は見えないし、柱も壁で隠してきれいなクロスを貼ってたら
何も見えません。完成させてから売っているので、何もかも隠せるんですから!


建てる側のモラルも問われますが、買う側も、
安さにひかれて飛びつかないようにしたいですね!

wood.jpg




↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

材料 | 16:27:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。