■プロフィール

しろるみ

Author:しろるみ
インテリアコーディネーター。
一級建築士。
主婦業のかたわら、建築設計の
仕事をしております。
***************
「靜水舎一級建築士事務所」の協力
のもと、工務店を通さない家づくり
に挑戦。2010年11月に完成
しました。
伝統工法は、日本の山の木を使い、
最後は土に戻る、分解して移築も
できる素晴らしい伝統文化です。
化学物質を含む建材は使用せず
アトピーやアレルギー症状の改善
にも効果があります。

伝統工法の家づくりに関する
ご質問・ご依頼はこちらまで↓
「靜水舎一級建築士事務所」
Email::mediatess@yahoo.co.jp
*************** 

★おすすめリンク★

地球環境を考える家づくり
自然エネルギーの活用
化学物質過敏症に関するご相談
NPO法人「緑の家学校」

伝統工法の家づくり
関東近郊でも対応いたします
剱持工務店

***************

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■リンク
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

スポンサー広告 | --:--:--
のぞき窓?!
子ども部屋ネタが続きます。


リビングと子ども部屋、なんとかつながりをもたせたかったので、
穴を開けちゃった!というお話。



理想的なのは、平屋ですよね。2階建てでも吹き抜けにして、空間でつなげるとか。。

わが家は、吹き抜けもなく、1階が子ども部屋、2階がリビング。どうしても分断されてしまいました。

そこで、苦肉の策ですが、どうにか1階の気配を感じられるよう、距離を縮めてみました。

(階下から呼ばれて、いちいち下まで降りるのめんどうなんで!)



2階

「のぞき窓?」を開けたのは、赤い線の部分。リビングの真下が子ども部屋です。(1階の間取りはこちら

階段途中の子ども部屋との間仕切り壁に穴が空いてます。


矢印の方向から見たところ↓
P2201312.jpg

2~3段降りたところ↓
P2201315.jpg

1階から上がる途中↓
P2201314.jpg

とりあえずは、いつでも閉じられるようけんどん式の板を作ってもらってあります。

冬場は冷気が上がりそうなのでふさぐ予定でしたが、子どもたちがこのままがいい!
というので年中開けっ放しです。

意外と冷気は上がってこないもので、このままで冬が越せました。

やはり、気配がわかりやすいし、ちょっとした用事にも何かと便利で開けておいてもらって良かったです。
(住んでみてから開けたのではなく、工事途中にお願いしたものです)




↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

子ども部屋 | 20:12:52 | トラックバック(1) | コメント(4)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。