FC2ブログ
 
■プロフィール

しろるみ

Author:しろるみ
インテリアコーディネーター。
一級建築士。
主婦業のかたわら、建築設計の
仕事をしております。
***************
「靜水舎一級建築士事務所」の協力
のもと、工務店を通さない家づくり
に挑戦。2010年11月に完成
しました。
伝統工法は、日本の山の木を使い、
最後は土に戻る、分解して移築も
できる素晴らしい伝統文化です。
化学物質を含む建材は使用せず
アトピーやアレルギー症状の改善
にも効果があります。

伝統工法の家づくりに関する
ご質問・ご依頼はこちらまで↓
「靜水舎一級建築士事務所」
Email::mediatess@yahoo.co.jp
*************** 

★おすすめリンク★

地球環境を考える家づくり
自然エネルギーの活用
化学物質過敏症に関するご相談
NPO法人「緑の家学校」

伝統工法の家づくり
関東近郊でも対応いたします
剱持工務店

***************

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■リンク
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

スポンサー広告 | --:--:--
意見統一
意見が二つに割れ、私もそんなに苦労してまで伝統工法にこだわらなくても・・

と、弱腰になりつつある中・・・



「靜水舎」の芝先生による、いろいろな業者探しや安くていい材料のご提案などのご尽力、

剱持棟梁の、伝統工法を少しでも広めようと、お金がない若い?夫婦のために
採算度外視で臨んで下さるという心意気、

芝先生からの御紹介の木村さんによる各業者との予算調整、予算削減案の検討、

そして私の木の家へのこだわりと・・・




これらに押され、多少の増額ならば、そりゃあ少しでもいい建物のほうがいいし・・・
と、夫の気も変わりつつあり
(結局は、ほとんど増額せずに済みそうなのですが)

元々ものづくりは好きな人ですから、どうやら自ら建築に参加して
作り上げていこうという気にもなってきたようで。


夫婦家決裂の危期(大袈裟)を乗り越えて、こうしてひとまず、決着したのでした。



伝統工法となると、まずは予算の壁が立ちはだかります。
しかし、このように工事費をよく見直すことで、諸経費という見えないお金を、
良い材料費と技術料にまわすことができるわけです。




・・・・・
私達も、さんざん悩んで疲れましたが、
家をもつということは、かなり、いろいろな選択にせまられる大変な行為ですね。


1.マンションか一戸建てか

2.戸建てならば、土地購入して建てるか、中古を買ってリフォームするか
 建売住宅を買うか

3.土地を買ったら、住宅メーカーに頼むか工務店に頼むか

4.工務店ならば、設計のできる工務店か、設計事務所に頼むか

5.木造か、鉄骨造か、鉄筋コンクリート造か

6.木造ならば、在来軸組み工法か、伝統工法か

7.伝統ならば・・・・・

8.

9.


以下、延々と続きます。

果たして、どんな家をつくるのが自分達にとって最高なのか。


結局、私達はこのように考えに考えて決めて、いい家ができそうで良かったと
思ってますが、たとえどんな工法でも安易に決めずに、悩みに悩んで決めたのなら
きっといい家ができるはずです。


高いお金を出すのですから、いろいろな人に相談したり、調べたりして
よーーーーく考えて決めたいものですね。

(お金がない人ほど、よくよく考えるものなのでしょうかね。。。)
スポンサーサイト



↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

伝統工法 | 20:49:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。