FC2ブログ
 
■プロフィール

しろるみ

Author:しろるみ
インテリアコーディネーター。
一級建築士。
主婦業のかたわら、建築設計の
仕事をしております。
***************
「靜水舎一級建築士事務所」の協力
のもと、工務店を通さない家づくり
に挑戦。2010年11月に完成
しました。
伝統工法は、日本の山の木を使い、
最後は土に戻る、分解して移築も
できる素晴らしい伝統文化です。
化学物質を含む建材は使用せず
アトピーやアレルギー症状の改善
にも効果があります。

伝統工法の家づくりに関する
ご質問・ご依頼はこちらまで↓
「靜水舎一級建築士事務所」
Email::mediatess@yahoo.co.jp
*************** 

★おすすめリンク★

地球環境を考える家づくり
自然エネルギーの活用
化学物質過敏症に関するご相談
NPO法人「緑の家学校」

伝統工法の家づくり
関東近郊でも対応いたします
剱持工務店

***************

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■リンク
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

スポンサー広告 | --:--:--
落とし板壁が見えてきました
0911木材山積み

現場に大量の材料が運びこまれ、木材の山ができました!



hashira
そして、柱が数本建ち上げられ・・




0911北側壁
0911北側壁2

壁を落とし込み、北側1階部分の壁が完成しました。


このような壁の造り方は、落とし板工法(板倉造り)といいます。
柱をたてて、その間に杉板を落とし込んでいきます。
板の厚さは30mm、高さは135mm、板と板はダボで接合しています。

otoshi

30mmの杉板自体でも断熱材の役割を果たしますが、この外側にさらに15mmの杉板を打ちつけ
断熱材を入れ、外壁の仕上げをする予定です。
板が2重になることで耐力と防火性能も確保することができます。


zairyo3
zairyo1

どこにどのように使うかよくわからない材料がたくさん置かれています。

山積みの材料は、これで半分くらいだそうで、またどんどん運びこまれるそうです。

これだけの木を使えば、ほんとに森の中に住んでる気分になりそうです。
スポンサーサイト



↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

木工事 | 00:12:21 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
はじめまして
はじめまして。

我が家も木をふんだんに使った家を建築予定です。
しろるみさんのブログを参考にさせていただきます。

お互い素敵な家が造れるといいですね。

また来ます。
2010-09-13 月 22:21:01 | URL | ゆうさん [編集]
Re: はじめまして
ゆうさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
私も家づくりは初めての経験ですので思考錯誤ばかりですが
少しでも参考にしていただければうれしいです。
また遊びに来てくださいね。
2010-09-14 火 11:00:37 | URL | しろるみ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。