■プロフィール

しろるみ

Author:しろるみ
インテリアコーディネーター。
一級建築士。
主婦業のかたわら、建築設計の
仕事をしております。
***************
「靜水舎一級建築士事務所」の協力
のもと、工務店を通さない家づくり
に挑戦。2010年11月に完成
しました。
伝統工法は、日本の山の木を使い、
最後は土に戻る、分解して移築も
できる素晴らしい伝統文化です。
化学物質を含む建材は使用せず
アトピーやアレルギー症状の改善
にも効果があります。

伝統工法の家づくりに関する
ご質問・ご依頼はこちらまで↓
「靜水舎一級建築士事務所」
Email::mediatess@yahoo.co.jp
*************** 

★おすすめリンク★

地球環境を考える家づくり
自然エネルギーの活用
化学物質過敏症に関するご相談
NPO法人「緑の家学校」

伝統工法の家づくり
関東近郊でも対応いたします
剱持工務店

***************

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧
■最新コメント
■最新トラックバック
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■リンク
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

スポンサー広告 | --:--:--
無垢材の塗装~水廻り
画像 046

引越してすぐに、洗面カウンターの塗装を自分達で行いました。

使ったのは、ガラス塗料というもの。
ガラス膜をつけることで、耐水性を持たせ、透明なので木の質感も保てます。

ほんの一部分の使用なので、静水舎の持ち物を少し分けていただきました。



まず、少しやすりがけをし、1度塗り。乾いたらさらにもう1回上塗り。
最後に、床に塗ったものと同じワックスで仕上げました。
ガラス塗料だけの時よりも、つやを出すことができました。

洗面流しとカウンターのすき間は、透明のコーキング剤で埋めて終了。



これで、ほとんど水をはじくだろうと思われます。

でも、少しでも長持ちさせるため、常にミニタオルを置いて
水分は拭き取る予定。
子ども達にもよーーーく言い聞かせました。


果たしてわかってくれたのかどうか不安ですが。。。




ちなみに、こちらの洗面器は、TOTO病院用流し(SK106)を選んで造作してもらいました。
リーズナブルですが、シンプルで広々。ここで洗濯もできそう。

しいて言えば、壁付けの蛇口の位置がちょっと高めだったかな?
もう少し低くしたほうが水はねが少なかったかもしれません
スポンサーサイト



↓住まいに役立つブログがたくさんあります!女性建築士ブログおすすめです♪
すまいブログ  FC2ブログ  にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

セルフビルド | 16:46:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。